ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

村上市の高齢者福祉サービス

記事ID:0076255 更新日:2023年9月1日更新 印刷ページ表示

村上市で実施している高齢者福祉サービスについてご紹介します

村上市の高齢者福祉サービス(チラシ) [PDFファイル/446KB]

 

各種サービスの詳細や対象者要件など、詳しく知りたい方はお問い合わせください。

(↓サービス名をクリックすると、各サービスごとの詳細ページに移動します)

1.給食サービス

 <概要>一人暮らしの高齢者や高齢者のみの世帯で、調理や買い物などが困難な方に対し、週2回まで、栄養バランスのとれた食事をお届けするとともに、安否確認を行います。

2.軽度生活援助サービス

 <概要>一人暮らしの高齢者や高齢者のみの世帯で、家事を行うのが困難な方に対し、ホームヘルパーが自宅を訪問し、自立を支援します。

3.寝具乾燥消毒サービス

 <概要>65歳以上の高齢者で、寝具類の衛生管理が困難な方に対し、月に1回、業者が自宅を訪問し、寝具類(掛布団・敷布団・毛布)の乾燥・消毒を行います。

4.生活管理指導短期宿泊サービス

 <概要>自宅での生活が一時的に困難になった、または、生活習慣などの改善が必要になった高齢者が、養護老人ホームやまゆり荘に短期間宿泊し、日常生活の指導や支援を受けることにより、要介護状態への進行を予防します。

5.外出支援サービス

 <概要>移動時に車いすを必要としている、または、寝たきりの高齢者で、要介護認定を受けており、身体が不自由な高齢者に対し、車いす用リフト付き、または、ストレッチャー付きタクシーの利用券を交付します。(年間24枚)

6.緊急通報システム事業

 <概要>一人暮らしの高齢者や高齢者のみの世帯に対し、緊急通報装置を貸与します。(本体・ペンダント型装置・安否センサー・火災警報器の一式)

 緊急時にボタンを押すと、コールセンターに連絡がいき、状況に応じて協力員(※)に連絡がいきます。安否センサーによる見守りも行っています。

 (※近所の方や近くに住む親族など、2名をあらかじめ登録していただきます)

7.救急医療情報キット

 <概要>一人暮らしの高齢者や高齢者のみの世帯に対し、救急時に必要となる医療情報を保管する「救急医療情報キット」を配布し、緊急時の適切な医療活動と高齢者などの安心・安全の確保を図る事業です。医療情報などを記載した用紙などを専用のボトルに入れておき、緊急時に備えます。

8.高齢者日常生活用具給付事業

 <概要>一人暮らしの高齢者や高齢者のみの世帯の方で、心身の機能低下により、防火などへの配慮や安否確認が必要と認められる方に対し、以下の用具を給付します。

 (1)電磁調理器(IHコンロ) (2)火災警報器 (3)自動消火器 (4)緊急通報装置

9.高齢者・障害者向け住宅整備補助事業

 <概要>65歳以上で介護認定を受けている高齢者の方が、生活しやすいように住宅を改修する費用を補助します。ただし、世帯全員の収入合計が600万円未満の世帯のみが対象です。また、利用は世帯で1回のみとなります。

 対象経費 (1)居室および廊下等の改造 (2)トイレの改造 (3)浴室の改造 (4)玄関の改造

      (5)段差解消機および階段昇降機の設置 (6)ホームエレベータの設置 (7)エアコンの設置

10.高齢者紙おむつ等購入費助成

 <概要>要介護認定を受けていて自宅で生活しており、適切な排泄行為が行えず、常に紙おむつを使用している高齢者に対し、紙おむつなどの購入時に利用できる助成券を交付します。

11.在宅寝たきり老人等介護手当

 <概要>寝たきりや認知症のある高齢者を、自宅で介護している方に対し、介護手当を支給します。ただし、被介護者が障害年金や特別障害者手当などを受給している場合は対象外です。

12.家族介護慰労事業

 <概要>自宅で高齢者を介護している家族に慰労金を支給する事業。次のすべてに該当する人を介護している家族が対象です。

 (1)市内に住所がある65歳以上の在宅の人(入院は対象外) (2)要介護認定4または5 (3)市民税非課税世帯

 (4)過去1年間介護保険サービスを受けなかった人(年間1週間程度のショートステイの利用は除く)

13.高齢者等除雪費援助事業

 <概要>一人暮らしの高齢者または高齢者のみの世帯で、除雪作業ができない、または、除雪の支援が受けられない高齢者に対し、下記除雪費用の一部を補助します。ただし、市民税非課税世帯または均等割のみ課税世帯が対象です。

 (1)住宅の屋根の雪下ろし (2)雪下ろしに伴う排雪作業 (3)玄関から道路までの必要最低限の除雪

その他

・デイサービスや福祉用具の貸与など、”介護保険サービス”の利用には、要介護認定を受ける必要があります。詳しくは「介護高齢課 介護保険室」へご相談ください。

・サービスや介護の相談以外にも、高齢者に関するご相談がある場合は「介護高齢課 地域包括支援センター」へお気軽にご相談ください。

相談・問い合わせ先

 
地区 担当部署 住所 電話番号

村上地区

市役所(本庁) 介護高齢課 高齢者支援室

     〃       介護保険室

     〃       地域包括支援センター

〒958-8501

村上市三之町1番1号

 (村上市役所3階)

0254-75-8935

(直通)

0254-75-8936

(直通)

0254-75-8937

(直通)

荒川地区

荒川支所 地域振興課 地域福祉室

〒959-3192

村上市山口444番地

0254-62-3104

(直通)

神林地区

神林支所 地域振興課 地域福祉室

〒959-3492

村上市岩船駅前56番地

0254-66-6113

(直通)

朝日地区

朝日支所 地域振興課 地域福祉室

〒958-0292

村上市岩沢5611番地

0254-72-6887

(直通)

山北地区

山北支所 地域振興課 地域福祉室

〒959-3993

村上市府屋232番地

0254-77-3113

(直通)

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)